太ももと手

風俗店では、看板にうたっているプレイにプラスしてオプションを楽しむ方式がある。
イメクラにはファッションヘルスには無いコスプレを基本的なプレイとしているので、コスプレをオプションとして頼まなくても良いのである。
オナクラではオナニーを見てもらう、という形態なので、見てもらう以外のサービスはオプションとなるので注意。
そして手コキは手コキを基本プレイに含めていない風俗よりも多くのプレイを楽しむことができる。

風俗初心者にはこうした看板をみれば、オプションとして頼めるプレイが自然と分かる仕組みになっているのである。
風俗上級者だと、オプションが高くても、女性の性質を選び、オプションでプレイを依頼することで、いつもとは違う新鮮さを楽しむことができる。

胸を隠す女性

手コキは、イメクラやデリヘルなど、性的サービスを行う店ではメニューなどに含まれているサービスである。
手コキはそれを専門のサービスとした点で珍しい風俗店である。

かつては特別なサービスとされていた手コキも、今では珍しいサービスでは無くなった。
しかし、手コキは人によって技術の高さが違う。
手コキだけでも満足が十分得られるサービスとして着目されている。

また、オナクラのように、基本プレイの中に手コキが入っていない風俗店も多い。
手コキ専門店は手コキが基本的なプレイなので、オプションとしてそれ以外のプレイが楽しめるという意味でもある。
手コキが基本プレイなので、マットプレイはサービスの内容には含まれていない。
しかし、それ以外のサービスで多様なメニューがあるので、それを加算して楽しむことができる。

胸を隠す女性、影

また、オナクラには派遣型のものもある。
派遣型では、隔てる壁が無いため、より近くに女性を感じることができる。

女性が持つオプションによっては、手コキやフェラチオなどを利用することもできる。
こうした手コキやフェラチオは、オナクラに勤める女性は専門には行ってはいないため、満足の行くものではないこともある。
オナクラは女性にとって風俗入門の店であるため、風俗に慣れていないことが多いのである。
しかし、逆に風俗に慣れていない普通の女性とのプレイが楽しめるという点にメリットがある。
イメクラやデリヘルに慣れていない男性にも、入門の風俗という点で楽しみが得られるものでもある。

林の中の女性

オナクラにも箱型のものと派遣型のものがある。

箱型のものでは、女性と男性の間が隔たれているものがある。
この箱型のものは、特殊な設定をしていることもあり、相手の女性から自分の顔が見えない、という店もある。
こうしたオナクラの場合は、オナニーを女性に見てもらう、ということが出来ないが、男性は普通の視線では得られない快感を得ることができる。

また、オナニークラブでは、接触が無いため、素人の女性も多く働いている。
イメクラや手コキの店では味わえない初々しさを味わうことができる。

両手を上げる女性

イメクラでは、フェラチオなどの射精をイメクラ嬢が導くサービスが含まれるが、オナクラではそうした性的サービスを自分で行う。
風俗店ではイメクラも手コキも同じく、女性が男性客に対して性的サービスを行うのが主流である。
しかし、オナクラでは少しこのサービスの形態が変わっている。

オナニーは基本的に一人で行うものである。
それは単なる性処理であると思われてきたが、近年では異なる様相を呈している。
オナニーを人に見てもらうことによって、自分一人でオナニーを行うよりも多くの興奮を味わえるという性質を利用したサービスがオナクラである。
人によっては、オナニーを人にみてもらうという状況設定が、性交よりも興奮を得られる、という人もいる。

女性へ直接的な性的サービスを要求しないため、時間ごとの料金が安いという利点もある。